無料ブログはココログ

ブログパーツ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月29日 (月)

季節の和菓子作りに挑戦!

 1/28(日)幡多広域のファミリーサポートセンターの会員同士の交流会を、今年は四万十町で開催しました。今回は「季節の和菓子作り」ということで、場所を古民家カフェ半平をお借りして、会員さんやお子さん達で和菓子作りに挑戦!今回の講師には、地元を代表する和菓子屋の「松鶴堂さん」に講師をお願いして参加者で作りました。終始笑顔で楽しめた和菓子作りでした。

 最後は自分の作ったお菓子と、立てたお茶を頂いて皆さん大満足!四万十町ファミリーサポートセンターでは、今後も会員同士が楽しく交流できる企画を考えていきたいと思います。

Img_7640 Img_7641 Img_7642 Img_7643

 

 

 

災害ボランティア研修 in十和

 1/28(日)十和地区において災害ボランティア研修を参加29名と一緒に学びました。今回はこうち防災備えちょき隊 隊長の北川尚さんから南海トラフの話や能登半島地震からみた課題などを話してもらったあとに、グループに分かれてハグ訓練。体育館、学校に避難してくる住民や本部からの物資の対応など次々にやってくる問題に対応する訓練をみんなで学びました。

 このハグ訓練には正解はないのですが、それぞれのグループで協力し合い、対応できたのではないでしょうか。

1_20240129090201 Photo_20240129090201 Photo_20240129090202 4_20240129090201 5_20240129090301

2024年1月22日 (月)

給食サービス in大正

1月22日(月)、大正支所に寄った時に撮った写真です。今日は毎月開催している給食サービスでして、美味しい匂いが漂っていました。今回の調理ボランティア団体はJA女性部の方々でした。美味しい料理ができていたので、パシャリ!今日も楽しみにしている高齢者の元に地元民生委員さんが届けてくれます。

Img_7578 Img_7579_20240122173101 Img_7582

 

 

災害ボランティア研修

 1月21日(日)窪川会場、大正会場において、災害ボランティア研修を開催しました。今回は能登半島地震の影響を受けてか、申込以外の当日参加の方も多く参加してくださいました。

 毎年内容を変えながら開催していますが、今年は避難所運営模擬訓練(HUG訓練)をメインで「日本防災士会高知」の防災士4名にご協力いただきました。参加者は避難所の運営者役として、避難してくる被災者を受け入れるため、避難所の体育館にどこの受け入れるか、同線はどうするか、物資はどこに置くのかといったことをグループごとに話をしてもらいました。このハグ訓練を通じて色々な気づきが・・。通路を決めるのが大変、地域の方は地域の方で固めたほうがいいかも、お年寄りは入口付近がいいのでは。でも入口は出入りするので寒いのでは?、長期の方(家が全壊)は奥側がいいのでは?などなど色々な意見がでました。

 防災士の方の資料の中に今起きている能登半島地震の避難所の写真と阪神淡路大震災の避難所の写真をみせてもらいましたが29年経ってもほとんど変わっていませんでした。体育館に布団を詰め詰めに敷いている、寝ている人をまたいで歩くなどをいまだにしている状態」。

 ハード面は整備されるがソフト面が置き去りな状態なんです。だから29年経ってもあまり変わらない。平時でできることを しっかりやって来る南海トラフに備えて欲しいと話されていました。

Photo_20240122171301 2_20240122171401 5_20240122171401 3_20240122171401 6_20240122171501 8_20240122171501 7 1_20240122171601 2_20240122171601 4_20240122171701    

Img_7583

 

 

 

正職員会

1月19日(金)令和6年初の正職員会がこの日行われました。今回は、第2期基盤強化・発展強化計画に盛り込む到達目標や5年間の具体的な取組みについて、職員みんなで検討し、職員一人ひとりが我が事として考え行動にうつせる計画になるよう話合いました。今回も県社協から応援にきてもらい、5年間を通じた到達目標、それを実現できるような5年間の取組みについて検討。

沢山の意見も出て、これから取りまとめて、今月の理事会で報告させてもらうことになると思います。第1期の反省点をふまえ、第2期の計画は職員と共に作り、自分達の計画だと認識してもらい5年先をイメージしながらよりよい社協を作っていければと思います。

Image0_20240122163101 Image1_20240122163201 Photo_20240122163201 1_20240122163201 Photo_20240122163301 Photo_20240122163302 2_20240122163201

 

 

 

 

2024年1月17日 (水)

厚生労働大臣表彰の伝達式に参加

1/15(月)高知県庁において、厚生労働大臣表彰の伝達式が行われ、今回の受賞には、窪川地区民生委員児童委員協議会の岩﨑会長と大正地区ボランティアグループ「結」が受賞されました。

 岩﨑会長は、平成7年12月1日に民生委員に就任され、また窪川地区民生委員児童委員協議会の会長を平成28年12月1日から就任され、窪川地区の民生委員児童委員をまとめてもらっております。

 ボランティアグループ「結」につきましては、今年で23年目を迎え、地域のイベントの協力や社協事業(給食サービスや24時間テレビチャリティー、災害研修等)への協力、最近では地元高校とタイアップして休耕田に四季折々の花(菜の花、ひまわり、コスモス)を植えて大正地域を盛り上げてくれています。そういった活動が評価され、今回の受賞につながったのだと思います。

 伝達式終了後、報告を兼ねて町長のところに訪問して、町長とも記念撮影。 

 今回の受賞、本当におめでとうございました。

Img_0909_20240117112701 Img_0942_20240117112701

Img_0953_20240117112701 Img_0957_20240117112701

 

 

 

 

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31