無料ブログはココログ

ブログパーツ

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月23日 (土)

障害者連盟総会とこいのぼりの川渡し

 本日は、四万十町障害者連盟総会が十和地域振興局において開催されました。コロナ禍でもあり、参加者は18名と少なかったのですが、議案もすべて承認されました。

 今回は、役員改選もあり、長年役員をされていた方の中にも退任をされる方もいて、淋しい思いもありましたが逆に新しい役員も決まり四万十町障害者連盟も、新たなスタートが始まります。

 総会終了後、車を走らせていると、数百のこいのぼりが四万十川の上空を将雅に泳いでいるのを見ました。

 この「こいのぼりの川渡し」はコロナにより3年ぶりにできたそうで、まだ見に来られていない方はぜひ、足を延ばして見に来てはどうでしょうか^:^

 

Img_2269 Img_2273 Img_2272

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年4月14日 (木)

地区の定例会に参加して

 新年度が始まり、地区の民生委員さんに社協の事業計画を説明をしに。この日は、給食サービスの日でもあり、定例会終了後に3軒のお家に職員と配りにいってきました。みなさん、毎月のお弁当を楽しみに待ってくれているようで、手渡しすると「いつもありがとう」といって受けとってくれました。

給食サービスを利用している方にアンケートをとったなかにも「月1回から2回にしてほしい」という声を聞きます。民生委員さんの一人から、「いつも弁当を配りますが、配って終わりではなく、みんなでワイワイガヤガヤと一緒に食べれる機会があればええよね。」と話してくれました。そういった声を大事にして、どううやったら展開できるのか社協内でも検討していきたいと思います。

Img_2222 Img_2224

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

2022年4月10日 (日)

生活支援サポーターミニ同窓会

 4/9(土)、晴天の中、生活支援サポーターミニ同窓会を開催しました。これは、昨年10月に生活支援サポーター養成講座を開催し、修了者を対象に開催したものです。修了者は36名ですが、今回参加して頂いたのは、10名の方でした。同窓会の前半はサポーター講座の振り返り、事例紹介、それぞれの活動についての進捗状況について情報交換を行いました。

(サポーター研修終了後の取り組み(話し合いの中で取り組んでみたいこと)

★自分の地域で移動ふれあい給食(駄菓子やカレーを提供して子供からお年寄りまでの集いの場)の開催

★自分の地域で生活支援サポーター養成研修を実施したい

★地元で個別訪問(健康チェック等)をやりながら、隣部落にも広げていきたい。(元看護師)

★これから、サポーターを受講した人と話をしながらやってみたいことを一緒に考えていきたい。

など、近況報告を話してくださいました。

 その後、ボランティアグループあしたの会さんの活動紹介(結成36年の歩み)をして頂き、「カフェ香月」でランチを頂いて解散となりました。

 定期的にこの同窓会は開催しながら、各地区の取り組みを共有しながら、新しいサポーターの仲間を増やしながら、自分たちが地域でやってみたいことすなわち、住民主体の活動展開できるよう社協としても一緒に活動できればと思っています。

 

Photo_20220410161001 Photo_20220410161002 Photo_20220410161003

 

 

 

 

地元窪川高等学校と地域部活動連携協定を

 この度、窪川高等学校と社協で地域部活動連携協定を結びました。この協定は、学校内で行っている部活以外でも地域で活動している団体と連携し、社会とつながりを作りながら、学生に地域課題や地域貢献の意義について考えてもらい、社会課題に取り組む目的があるようで、今回四万十町では5つの団体が協定を結びました。

しまんと町社会福祉協議会でも、この協定をきっかけに、色々な事業を学生さんと一緒に取組んでいければと思っています。

※下の写真は、4/8に高校生に説明した時に使った資料です。

Photo_20220410153801 Photo_20220410153701

 

 

 

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30