無料ブログはココログ

ブログパーツ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月24日 (金)

十和の新名所?

十和の新名所?


今年度開所した、あったかふれあいセンター 風らっととおわ。


この度、事務所の目印に看板を取り付けました。

ワケあって室内に設置されている為、写真ではよくわからないかもしれませんが、とってもほのぼのとして、心が癒されます。


近くを通った際には、是非ご覧ください♪

2015年7月22日 (水)

第3回 十和の里夏祭り

第3回 十和の里夏祭り


7月18日、十和体育館で十和の里夏祭りが開催されました。

台風の接近で、準備や開催が懸念されましたが、幸い四万十町には大きな被害もなく、無事に当日を迎えることができました。


オープニングを飾ってくれた、園児たちの竹太鼓の演奏は、会場を和ませてくれました。


ボランティアさんや職員も、歌に踊りや寸劇?に大活躍!会場を大いに賑わせました。


地域の方も多く来場いただき、改めて地域との交流の機会をもつことの大切さを感じました。

2015年7月 7日 (火)

デイサービス百年荘で七夕を楽しみました(*^_^*)

今日のおやつはみんなで手作り

Img_3268

それぞれがパンに生クリームを塗りみかんとさくらんぼで

デコったオリジナルケーキ

Img_3273

七夕の歌をみんなで歌いおいしくいただきました

Img_3276

大正地区民協 奉仕活動

大正地区民生委員児童委員協議会で地元にある特別養護老人ホーム「四万十荘」さんへ奉仕活動へ行ってきました。

 

この日は、毎月行なわれている定例会が朝830より開かれ、会が終わった1000頃からそのまま施設に直行。毎年恒例の奉仕活動でもあり、職員さんやご利用者さんともご挨拶を交わしながら終始和やかな奉仕活動となりました。

Img_3257_800x600


Img_3249_800x600







Img_3248_800x600








お昼前には終わりましたが、蒸し暑い中で汗を流した委員さん、ほんとうにご苦労様でした。

2015年7月 5日 (日)

温かな宴にお邪魔して

7月4日土曜日。
外はあいにくの雨で、梅雨明けが待ち遠しい日々が続いていますが、
四万十町社会福祉センターでは、温かな宴が催されました。

永く障害者の社会参加に取り組み、障害者福祉の向上に尽力され、
また、風らっとの常連でもあるSさんが、
このたび日本身体障害者福祉大会会長表彰を受賞され、
その祝賀会が執り行われました。

四万十町障害者連盟、さくら福祉事業所、NPO法人由菜の里、くぼかわボランティア連絡協議会、しまんと町社会福祉協議会の呼びかけにより、約70名が参列して、この会は行われました。

普段は殺風景な会場が、スタッフにより華やかに飾られ、祝賀会はスタート。

Dsc_0917Dsc_0915


左は、あったかふれあいセンター風らっととおわのスタッフによる、手作り箸袋。
そして右側は由菜の里さん手作りの抹茶ムースとフルーツの盛り合わせ。

Dsc_0912Dsc_0928

乾杯の後は、各テーブルごとにお祝いメッセージを述べたり、
Sさんと記念撮影をしたりして過ごし、和やかな雰囲気のまま閉会となりました。

Sさんも、当日は記念撮影やお祝いに駆け付けた皆さんとのおしゃべりなどで、
お疲れになったのではないでしょうか。

風らっとでも、面白いお話や障害者福祉にまつわるお話などを聞かせていただき、
いつも職員皆がかわいがっていただいています。

これからもお元気で、私たちにも多くのことを教えていただきたいと思います。

このたびは、本当におめでとうございます!

Dsc_0920












2015年7月 4日 (土)

もうすぐ七夕☆

もうすぐ七夕☆

7/7は七夕です。
あったかふれあいセンター風らっと とおわでは、入口で笹飾りが皆さんをお出迎えしています。

願い事を飾ることで、自分を見直すきっかけになるかもしれませんね。

2015年7月 3日 (金)

東日本大震災から学ぶこと

今日は、宮城県東松島市社協様より3名の方が来所され、東日本大震災の経験談をお伺いすることができました。


ご自身が津波にのまれながら、福祉避難所の運営をされたお話を聞きました。


津波がどんな風に襲ってくるのか、福祉避難所の運営でのポイントなど、経験された方のお話は、短時間の話であっても内容が濃く、また、身につまるものがあります。


お話を聞いた後、他の職員と、

「自宅や事務所は津波の被害を受けることはないだろうから、どうしても危機意識が薄くなるよね。」

と反省しました。

沿岸部から通勤している職員もいますし、サービスをご利用いただいている利用者の方もいます。


しまんと町社協では、福祉避難所運営マニュアル作成のプロジェクトメンバーに加わっている職員もいますし、災害ボランティアセンター研修なども行っています。

いずれも、予測が難しい天災が発生したときには、絶大な効果が発揮できると思います。

可能な限り参加して、そしてまずは自身の身を守る術を身につけておきたいと思います。


貴重なお話を聞かせていただいた東松島市社協の皆様に、改めてお礼申し上げます。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30