無料ブログはココログ

ブログパーツ

« 雨の今治。 | トップページ | いごはちグループ »

2012年11月20日 (火)

詩の紹介  ~第2段~

自分のそんざい



自分が死んだらこまる人がいる

そんなこと考えて自殺するのか

だれかそいつに言ってやれよ、そのそんざいを


人は一人ではいきていけないんだ

その人はその人で必要な人がいるはずなんだ

おまえは死んだらいかん

おまえはほかの命は大切にするだろうが

おまえの命も同じだ

それは、自分にも言い聞かしているよ

恩は売るものじゃなくて着るものなんだ

恩に着ると言うだろうが

それはその人のそんざいが自分の助けになってくれた

ということなんだ


その人の存在が大切ということなんだ

むだな人間なんか一人もいないんだ



以前にも、「強さと弱さと明るさと暗さ」という詩を紹介しましたが、今日の詩も同じ方が書いた詩を紹介させてもらいました。

« 雨の今治。 | トップページ | いごはちグループ »

ぐりーんらべる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩の紹介  ~第2段~:

« 雨の今治。 | トップページ | いごはちグループ »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31