無料ブログはココログ

ブログパーツ

« 9月窪川地区給食サービス | トップページ | ボランティアスクール 第1回 »

2012年9月19日 (水)

強さと弱さと明るさと暗さ

強さと弱さと明るさと暗さ



ずっと強さというものをもとめてきた

でも年をとるごとに弱くなってゆく

人間は一人では生きては行けないからその弱さというものが、

だんだん分かってくるのだろう

強さというものは、その弱さを知ってはじめて強くなるものだろう

そうじゃないとただのガキだ

弱いものの気持が分かって強く生きることが必要だ

今俺に分かることといえばこのくらいだろうね

明るいということも暗さが分からんと分からんね

明るすぎるとそうだと言われ暗すぎるとうつだと言われる

そのまん中はなかなか難しいよ

ええくらいにならんもんかねや

みんな暗い人はいかんとか言うけれど

暗さは否定するものじゃなくて理解するものなんだ

この詩は、昨日、昭和ふらっとに顔を出してくれた方が書いた詩。
たくさんの詩を読ませてもらったけれど、どれも共感できたり、心に訴えるものばかりでした。
人それぞれ感じ方、受け取り方は違うと思うけれど、何かしら心に響くものがあるのではないでしょうか。
とは言っても、心で思っている事を言葉にするのって意外と難しい!
それを出来るってほんとにすごい事。
人によって好きな本、好きな詩、好きな言葉がありますよね。そのおかげで頑張れたり、共感できたり、おおげさかもしれないけど、人生観が変わる場合もある。
言葉の力を感じます。

また後日、別の詩も紹介したいと思います。( ^ω^ )

« 9月窪川地区給食サービス | トップページ | ボランティアスクール 第1回 »

ぐりーんらべる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強さと弱さと明るさと暗さ:

« 9月窪川地区給食サービス | トップページ | ボランティアスクール 第1回 »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31